琉球大学医学部 システム生理学講座|当教室は排尿生理に着目して、世界的な研究に取り組んでいます。

国立大学法人琉球大学医学部 システム生理学講座

〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町字上原207番地
TEL:098-895-1110 FAX:098-895-1403

講座紹介

システム生理学講座について

当教室は排尿生理に着目して、世界的な研究に取り組んでいます。

加齢、糖尿病、脳梗塞、パーキンソン病、腹圧性尿失禁といった女性特有の疾患、間質性膀胱炎といった難治性疼痛疾患など様々な病態モデルを用いて排尿障害のメカニズムの解明、創薬の開発を行っています。

排尿は単なる生命現象ではなく、高次脳機能、生体内のホメオスターシスにも関与し、臨床的にも基礎的にも研究の重要性が増してきています。私たちは橋渡し研究を積極的に推進しています。


【大学院での研究指導内容】

  • 加齢にともなう自律神経変化と排尿障害機序の解明
  • 排尿病態モデルを利用した排尿障害創薬研究
  • 難治性骨盤痛を標的とした神経可塑性の研究
  • 膜電位の光学的測定法を用いた脳・中枢神経系の機能の研究
  • 排尿を起点とした橋渡し研究とイノベーションの開発
  • 母子隔離ストレスモデルを利用した排尿機能障害と中枢神経可塑性機序の解明

【学生講義担当】

  • 分子細胞生物学・・・細胞膜、神経による情報伝達の基礎
  • 神経科学・・・膜電位、神経伝達、脊髄、記憶、学習といった脳の高次機能
  • 人体の構造と機能・・・生体の恒常性維持、腎機能、感覚器のはたらき、生理学実習
  • 医学外国語

教授挨拶


システム生理学講座 教授 宮里 実

琉球大学大学院医学研究科システム生理学講座のホームページへようこそお越しくださいました。当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、当ホームページをリニューアル致しました。多くの医学部のホームページが研究者向けであるなか、当ホームページは一般の方、学生、企業の方を対象にしています。なぜなら、私たちが目指すゴールが、「研究」と「教育」の成果を広く社会に還元すること、何よりも皆さまによりよい生涯を送ってもらいたいからです。

生理学は、ノーベル医学生理学賞 というように、「人体の生命現象」を追究する学問です。システムとは、社会では組織のことですが、医学では臓器や神経のことを意味します。システム生理学は、医学の根幹を支えているところといえます。私は、26年間臨床医(泌尿器科医)として勤め、平成31年(令和元年)にシステム生理学講座(基礎講座)の教授に転身した経歴をもちます。臨床医として働く中で、「システムとしての排尿機能」に興味をもちました。「排尿」しない人間はいません。一般に、「自立した排尿」ができる期間が、健康寿命(ヒトらしく生きる)といわれます。また、臨床医として多くの癌や慢性疾患の患者さんと接するなかで、「痛み」がなく最期を迎えることがいかに幸せなことか学びました。残りの医師人生を、「痛み」と「排尿」の研究に捧げる決意をしました。母校の学生には、生理学を通して真理を伝えたいと思います。

当講座は、初代寺嶋眞一教授、二代目酒井哲郎教授の後を受け、平成31年(令和元年)に宮里が三代目として引き継ぎました。優秀なスタッフ、大学院生、そして「宮里ラボ」の卒業生が当講座の中核となり、すでにいくつものこれまでにない研究が立ちあがっています。臨床と基礎をつなぐ「橋渡し研究」、研究者と企業をつなぐ「産学連携」がこのホームページには詰まっています。研究は研究者のものではありません。私たちの研究に賛同頂ければ、皆さん自身も研究に参加することができます。研究を身近なものとして感じて頂ければ望外の喜びです。

このホームページが皆様のお役に立つことを心から願っています。


講座紹介

生理学は、基礎学・臨床学の垣根を越えて、機能の側面から「人体の生命現象」を研究する学問で、当講座は、一貫してその真理を追究してきました。


初代(寺嶋眞一教授、昭和58年4月~平成15年3月)

専門分野:電気生理学、感覚生理学。
研究課題:赤外線感覚系の生理学と神経組織学、脳内の化学伝達物質。
研究業績:マムシ類の温熱を感じとる仕組みという赤外線受容器の発動器電位を発見し、さらにこの受容器の組織学および鋤鼻系一次中枢における解剖学的・電気生理学を明らかにしました。
受賞:井上学術賞「マムシ類の赤外線受容器の生理学的研究」。


二代目(酒井哲郎教授、平成15年~平成31年3月)膜電位の光学測定法、心臓、中枢神経系

膜電位感受性色素を用いた「膜電位の光学測定法」という強力な実験技術を駆使して、心実験的心房細動“tachycardia-like excitation”における興奮伝播パターンの解析を行なった。また、膜電位の光学的測定法の感度・時間空間分解能を改良するため、新しい測定システムの開発を受光素子と光学系の両面から積極的に推進した。


三代目(宮里実教授、平成31年4月~)排尿生理、神経生理

スタッフ紹介

教授:宮里 実

教授:宮里 実 Minoru MIYAZATO

  • 1987年 長崎青雲高等学校卒業
  • 1993年 琉球大学医学部医学科卒業
  • 1993年 琉球大学医学部附属病院 泌尿器科医員
  • 1993年 東京都立清瀬小児病院 泌尿器科医師
  • 1997年 琉球大学医学部附属病院 助手
  • 2002年 国立療養所沖縄愛楽園 医師
  • 2006年 6月~2008年 5月 米国ピッツバーグ大学泌尿器科留学(ポスドク)
  • 2009年 東北大学大学院医学系研究科 助教
  • 2011年 琉球大学医学部附属病院 講師
  • 2015年 琉球大学大学院医学研究科 腎泌尿器外科学講座 准教授
  • 2019年 琉球大学大学院医学研究科 システム生理学講座 教授 現職
准教授:細川 浩

准教授:細川 浩 Yutaka HOSOKAWA

  • 1956年 1月9日生まれ
  • 1974年 香川県立善通寺第一高等学校 卒業
  • 1978年 大阪大学基礎工学部生物工学科 卒業
  • 1983年 大阪大学大学院基礎工学研究科後期課程修了 工学博士
  • 1983年 岡崎研究機構基礎生物学研究所特別奨励研究員
  • 1985年 東京医科歯科大学難治疾患研究所 助手
  • 1992年 イタリア国トリエステ国際大学院大学生物物理学教室 留学
  • 2005年 琉球大学医学部 准教授 現在に至る
助教:上條 中庸

助教:上條 中庸 Tadanobu KAMIJO

  • 2002年 長野県立松本県ヶ丘高等学校卒業
  • 2014年 玉川大学大学院 脳情報研究科 脳情報専攻 博士課程後期 修了
  • 2014年 自然科学研究機構生理学研究所 生体膜研究部門 NIPSリサーチフェロー
  • 2015年 東邦大学医学部 解剖学講座生体構造学分野 助教
  • 2017年 株式会社アイフォースコンサルティング システムコンサルタント
  • 2020年 琉球大学医学研究科 システム生理学講座 助教 現職
技術専門職員
比嘉 恵子、上原 仁志
大学院生
長嶺 覚子、泉 惠一朗(腎泌尿器科外科)
客員研究員
町田 典子
visiting researcher
大坪 亜紗斗(長崎大学)、伊藤 秀徳 (長崎大学)
研究補助員
星 祐貴

業績

代表論文

宮里代表論文

Ashikari A, Miyazato M, Kimura R, Oshiro T, Saito S. The effect of tramadol on sneeze-induced urethral continence reflex through μ-opioid receptors in the spinal cord in rats. Neurourol Urodyn 2018 37(5):1605-1611.
要約:オピオイド受容体の中でμ受容体が尿禁制反射を増強することを解明した。本論文の要旨は、第70回西日本泌尿器科学会総会(2018年) ヤングウロロジストリサーチコンテスト優秀賞を受賞した。

Kimura R, Miyazato M, Ashikari A, Oshiro T, Saito S. Age-associated urethral dysfunction in urethane-anesthetized rats. Neurourol Urodyn 2018 37(4):1313-1319.
要約:加齢に伴う一酸化窒素(NO)の低下が尿道弛緩反応の減弱の原因として示唆された。加齢に伴う残尿、尿閉といった膀胱機能障害の機序として初めて尿道に着目した本報告の意義は大きい。

Oshiro T, Miyazato M, Saito S. Relationship between connexin43-derived gap junction proteins in the bladder and age-related detrusor underactivity in rats. Life Sci. 2014 116:37-42.
要約:加齢に伴う排尿筋低活動の成因として、膀胱平滑筋細胞間結合蛋白コネキシン43の減少による情報伝達の低下が原因の一つであることが初めて証明された。本論文の要旨は、Second Prize Winner of the 2015 Annual Jack Lapides Essay Contestを受賞した。


細川代表論文

Hosokawa, Y. , J. Horikawa, M. Nasu and I. Taniguchi: Real-time imaging of neural activity during binaural interaction in the guinea pig auditory cortex. J. Comp.Physiol. A 1997 181: 607-614
要約:光学的測定により聴覚皮質の中心領域の両耳特性を調べた。両耳刺激応答は片耳刺激応答とは異なり、早い成分と遅い成分からなる同側性抑制が観察された。両成分で強く抑制される領域は等周波数バンドに沿って移動した。

Hosokawa Y., Sugimoto S., Kubota M., Taniguchi I. and Horikawa J.:Optical imaging of binaural interaction in multiple fields of the guinea pig auditory cortex. NeuroReport 2004 15:1093-1097 要約:光学的測定法を用いて、モルモット聴覚皮質の中心領域とその周辺野での両耳特性ついて調べた。一次聴覚野(AI野)と二次聴覚野(AII野)の尾側にある領域(P、VP野は、AI、AII野より両耳刺激に敏感であり,方向知覚の機能に寄与していることを明らかにした。


上條代表論文

Kamijo TC, Hayakawa H, Fukushima Y, Kubota Y, Isomura Y, Tsukada T, Aihara T. Input integration around the dendritic branches in hippocampal dentate granule cells. Cogn Neurodyn. 2014 8: 267-276.
要約:海馬歯状回顆粒細胞の樹状突起分岐部では、特定の入力が非線形的に統合されていることを発見し、そのメカニズムを解明した。1つの細胞の局所でも効率よく情報統合が成されていることを示した。


2020 研究業績 システム生理学講座

2019 研究業績 システム生理学講座

お問い合わせ

当教室は排尿生理に着目して、世界的な研究に取り組んでいます。
大学院生を随時募集しています。お気軽にご相談下さい。